×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セクシュアルマイノリティ
この言葉を知ったのは、パソコンを手に入れた23の時。
それと同時に自分がこれに属することも知った。
女の子が好き。
あのコを抱きしめたい。あのコとキスしたい。
そういう感情。
高校生の時、ひとりの女の子をずっと目で追っていた。
自分が変っていう感覚は皆無だったけど
「あいつホモだし」とか「レズっぽいよね」とか
中傷するような対象になりうることは承知してた。
だから誰にも言わなかったけど。
ちなみに、19歳のときに初めて付き合った男の子は
高校生の時そのコにふられた男の子だ。
聞いたときは「ざまみろ」って思っちゃいました。
ごめんねタケちゃん。
卒業してからは、女の子への恋愛感情には蓋をした。
男の子とくっついたり離れたりの繰り返し。
そんなときにパソコンを購入した。
偶然見つけたレズビアンのカップルサイト。
当時の自分にはものすごい衝撃だった。
そこには幸せそうなカップルの日常。
彼女達の理解者。
そして理解のない人。
彼女たちは現実での色々な問題に悩んではいたけれど
決して自分がレズビアンであるということに迷いがなかった。
戦っている人たちが、ネットの向こうにたくさんいた。
こんだけ人がいるんだから嗜好なんか色々あって当然だよなぁ。
そう思ったとき、なんかが楽になった。
まだまだ理解を示してくれる人は少ないけれど
オープンになったもんだなぁと思う。
モドル→